検索
  • ohisamakouhou

「テントウムシおひさまファンド」募集終了

おひさまエネルギーファンド株式会社が募集していた10回目のおひさまファンド『テントウムシおひさまファンド』は、1月31日(火)で募集を終了しました。

 A号(9年/1口10万円)、B号(19年/1口50万円)の2種類で申込みを受け付け、満額となる合計1億2300万円の出資をいただきました。

 多くの皆さまにご出資いただき、誠にありがとうございました。

 ファンド出資金は、南信州地域や松本市で取り組む太陽光発電事業や省エネルギー事業への投資、太陽光発電事業を実施する山梨県北杜市、愛知県犬山市の事業業者に再投資されます。

 ファンド事業は、おひさま進歩10号株式会社を事業会社として立ち上げて実施します。

 ファンド資金を活用して行う事業の進捗状況については、今後おひさまスタッフブログで紹介していきます。

閲覧数:150回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日頃よりおひさまファンドにご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。 おひさまエネルギーファンド株式会社は、8月末をもちまして当ホームページを閉鎖し、ファンド関連情報は、グループ会社「おひさま進歩エネルギー株式会社」ホームページへ移転いたします。 すでにご報告の通り、弊社は2019年7月26日付けで、新たなファンド募集を取り扱うことができる第二種金融商品取引業を廃止いたしました。 「第二

おひさまエネルギーファンド株式会社とおひさま進歩エネルギー株式会社は、以下の期間、休業とさせていただきます。 ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。 休業期間:2021年4月29日(祝)~5月5日(祝) ※2021年5月6日(木)から通常営業とさせていただきます

弊社およびおひさま進歩エネルギー株式会社の母体となった、NPO法人「南信州おひさま進歩」は2021年3月6日、臨時総会を開催。NPO法人を解散しましたことをご報告いたします。 「南信州おひさま進歩」は2004年、飯田市鼎の明星保育園屋根に、市民発電「おひさま発電所第1号」を寄付を募って設置。 また、使用済み油を使ったバイオディーゼル燃料の精製実験、保育園・幼稚園でマスコットキャラクター「さんぽちゃ